新着情報
HOME > 新着情報

柏崎市 平成28年度住まい快適リフォーム事業を実施します(2016.4.20)


平成28年度住まい快適リフォーム事業を実施します



工事にかかる補助金申請手続き代行いたしますのでお気軽にご相談ください。

この機会に「住みごこちのいい家」にリフォームされてはいかがですか?


個人住宅の住環境の快適性・安全性の向上を推進するため、必須工事(バリアフリー化工事、省エネ化工事、耐震化工事)を含むリフォーム工事費を補助します。

項目名をクリックすると各項目にジャンプできます。
1.補助金額
2.補助の対象となる工事
3.補助要件
4.申し込み方法
5.申請手続きの流れ
6.補助申請に必要な書類

必須工事など、お問い合わせいただいた内容とその回答を質疑応答集(Q&A)で掲載しました。参考にしてください。

柏崎市住まい快適リフォーム事業Q&A(別ウィンドウで開きます)(PDF:166KB)

補助金額:上限20万円(補助対象工事費の20パーセント)

補助金額



補助対象工事費


補助金額



20万円未満

補助対象外



20~100万円

工事費の20パーセント(千円未満切り捨て)



100万円以上

一律20万円


▲ページトップへ戻る

補助の対象となる工事(必須工事は一つ以上行うこと)
1.必須工事のみ
2.必須工事+その他のリフォーム工事

必須工事例

(※)印がついている工事に含まれる機器などは補助対象外です。

バリアフリー化工事例
手すりの設置
浴室、便所の改良(※)
玄関、廊下などの拡幅
床の段差解消
床表面の滑りどめ
ホームエレベーターなどの設置(※)

省エネ化工事例
壁などの断熱改修
窓の断熱改修
LED照明への取り替え(※)
太陽光発電システム(※)
燃料電池設備などの設置(※)
遮熱塗料(屋根、屋上)工事
遮熱フィルム(窓)工事

耐震化工事例
屋根の耐震化・軽量化
耐力壁の増設
基礎、柱、はりなどの補強工事

必須工事の注意点
必須工事は、リフォーム前より性能・機能が向上する工事が対象となります。劣化・故障などの修繕や、リフォーム前の性能・機能と同じものへの取り替え工事は、その他のリフォーム工事になりますので、ご注意ください
上記以外の工事を行う場合は建築住宅課指導係にご相談ください

その他のリフォーム工事例

(※)印がついている工事に含まれる機器などは補助対象外です。
屋根、外壁の改修工事
床、内壁、天井、柱、はり、階段などの工事
間取りの変更、増改築工事
浴室、台所、トイレの改修(※)
住宅建物の一部にある車庫部分の工事(住宅専用の車庫のみ)

補助対象外となる工事例

建物外のガス・水道・下水道工事、店舗などの住宅部分以外の工事、造園および門扉、塀などの外構工事、解体工事、各種申請手数料などです。

以下の機械器具、製品費は補助の対象になりません。

家電製品

テレビ、エアコン、ファンヒーター、冷蔵庫、オーブンレンジ、炊飯器、照明器具、火災警報器その他これらに類するもの

厨房(ちゅうぼう)製品

システムキッチン、調理台、流し台、ガスコンロ、IHクッキングヒーター、換気扇その他これらに類するもの

衛生製品

ユニットバス、風呂釜、洗面化粧台、トイレ便座、給湯器、ボイラーその他これらに類するもの

その他製品

発電設備、エコキュート設備、太陽温水設備、暖房器具、TVアンテナ、シャッターその他これらに類するもの

工事具体例…補助対象内外の分け方

(例)便所の改修と外壁の張り替えを行う場合
1.便所と廊下との段差解消、手すりの設置工事→必須工事のバリアフリー化工事
2.壁紙の張替、便器の取り外し・取り付け工事→その他のリフォーム工事
3.外壁の張替工事→その他のリフォーム工事
4.便器の製品費用→補助対象外工事

1が必須工事になり、1~3が補助対象工事、4が補助対象外工事となります。

▲ページトップへ戻る

補助要件

補助の対象となる方
柏崎市に住所のある方(リフォーム工事を行う住宅に住所がある方)
市税に未納がない方

対象となる住宅
個人所有の一戸建て住宅(住宅部分が2分の1以上であること)
住宅所有者または2親等以内の親族が現に住んでいること

補助の対象となる工事
必須工事を含む20万円以上のリフォーム工事
平成29年3月17日(金曜日)までに実績報告ができること
市内の施工業者が工事を行うこと

▲ページトップへ戻る

申し込み方法

4月28日(木曜日)(必着)までに、必要事項を記入した往復はがきで建築住宅課指導係(〒945-8511 柏崎市中央町5番50号)へ申し込みください。



平成28年度住まい快適リフォーム事業申し込みの手引き(別ウィンドウで開きます)(PDF:137KB)

必要事項

往信(文面)に以下を記入してください。
工事を行う住宅の住所
氏名
日中連絡がとれる電話番号
必須工事内容
その他のリフォーム工事内容

返信(宛名面)に申し込み者の氏名と住所をご記入ください。往信面の氏名と同一人になります。

申し込みする前にご確認ください
はがきは1棟につき1枚(複数で応募した場合は無効になります)
代理人による申し込みはできません
申し込み多数の場合は抽選となります
交付決定通知を受けてから工事に着手してください。事前に工事に着手した場合、補助金は交付されません(交付決定通知書は当選通知を受け、申請手続きを行った後にお送りします)
過去に住宅リフォーム補助金の交付を受けた住宅、すでに完了している工事は対象になりません。
他の補助制度の対象となっている工事部分は対象になりません。ただし、他の補助制度の補助対象と異なる部分であれば併用は可能です

抽選会(予定)

申し込み多数の場合は、下記日程で抽選会を行う予定です。抽選会に立ち会うことができます。抽選会の開催は、申し込み状況により決定しますので、詳細については、決定後お知らせします。
開催予定日:5月2日(月曜日)

結果通知

「当選」「補欠」「落選」いずれかの通知を、5月6日(金曜日)に発送します。
抽選がない場合でも、結果通知はお送りします
当選者は、必要書類を準備し申請してください

当選者の申請受け付け期間

5月6日(金曜日)~6月24日(金曜日)

当選者は、期間内に当選はがきと交付申請書(添付書類を含む)を建築住宅課指導係へ提出してください。代理申請も可能です。申請内容の審査完了後、「交付決定通知書」を送付しますので、その後に工事に着手してください。

申請しない場合はご連絡ください。辞退された場合、補欠当選者を繰り上げ当選とします。

補欠当選者の方へ

全ての補欠当選者の方へ6月30日(木曜日)までに「当選」「落選」の連絡をします。当選者の申請状況により繰り上げ当選となる場合は随時連絡をしていきますので、当選の連絡があった場合は早めに申請してください。

工事着手は交付決定後になります。事前に着手した場合、補助金は交付されませんのでご注意ください。

▲ページトップへ戻る

申請手続きの流れ
1.補助金交付申請書を市役所へ提出
2.市役所で工事内容を確認後、交付決定通知書を送付
3.交付決定通知書の受け取り→リフォーム工事開始→工事完了→代金支払い
4.完了実績報告書を市役所へ提出
提出期限:平成29年3月17日(金曜日)
5.市役所で報告書を確認後、確定通知書を送付
6.市役所から指定口座に補助金振込み

PDF資料

お問い合わせ・資料請求