施工事例
HOME > 施工事例 > 新築一覧 > 越後の自然と共生する家
南面と東面に張り出した雁木づくり。
夏の日差しをさえぎり、涼しい風和家の中に取り入れます。
玄関ポーチにつながる桁は10mにもなる杉の1本物です。
山の木の伐採から手がけている為、できる仕事です。
玄関ホールから8帖の和室をながめる。 和室8帖杉の浮づくりの床柱に
もみじの落とし掛け。
自然の木をそのままに生かした大工泣かせの仕事です。
玄関ホールからはケヤキの大黒柱が迎えてくれる。
建具の上の板は自然によって穴の開いた板をそのまま建具のデザインとして生かしている。
地袋付きの飾り棚は、施主様が生け花をされている為に造ったものです。
リビングとダイニングをつなげた部屋で、天井を高くしてある。
檜の羽目板が室内の空気をやさしくしてくれている。
新築

越後の自然と共生する家

総合コメント

伝統建築を守り継ぎ、大量の地産材にこだわり、時代に媚びない「創作住宅」が完成しました。
越後杉
「本物」だけに与えられた「特権」です。

お問い合わせ・資料請求