施工事例
HOME > 施工事例 > 新築一覧 > くびきの家
高台に立つシンプルな屋根の外観。
腰壁と白壁の持つ和風のたたずまい。
玄関ポーチの夜景。アプローチスロープに灯りが燈り。来るものをやさしく迎えます。
玄関ホール。
杉の床板3センチ厚は、はだしで歩くと足の裏から気持ちよさが伝わってきます。
ケヤキの大黒柱と床飾りがアクセントです。
吹き抜けのリビング。
建物の断熱、気密の良さで冬でも寒くなく心地よい空間です。
8帖二間続きの和室。
本格的な造りにたくさんの種類の材木が使われています。
床柱は杉の浮造りです。
階段の手摺です。
越後杉の古木が自ら節をデザインしてくれます。自然の力を感じます。
今でも杉のいい匂いがホールに広がっています。
新築

くびきの家

総合コメント

上越市の頚城平野を見渡す高台に立つ「くびきの家」
2階の南向きバルコニーからは一直線に伸びるほくほく線の列車が見えます。
夏の風を室内に取り込むように窓を配置。
冬は床下にスラブヒーターを埋設してあり。
心地よい輻射熱で家中温度差のないクリーンで快適な温度空間になっています。
冬布団がいりません!!!

お問い合わせ・資料請求