施工事例
HOME > 施工事例 > 新築一覧 > 心洗われる清楚な「木の城」
優美な入り母屋屋根を重ね、数奇屋風の下屋を調和させた、凛として佇む「木の城」。霧よけの木口を漆喰で白く化粧し、細部まで伝統に徹する姿勢が見て取れる。 白い漆喰壁と無垢の腰板、床は玉砂利の洗い出しという宮嶋木材ならではの玄関ポーチ。軒を深くした濡れ縁のある土縁には5間の杉の桁が入っている。
間は玉砂利の洗い出し、欅の敷台に杉の腰壁。3尺もある欅の一枚板を使った古い蔵戸が再生され、しつらえてある。 檜材の収納や腰板でコーディネイトした和風LDK。
欅の自然木の形を活かした手作りテーブルを備えた。
障子戸で開閉できる子上がりの畳コーナーを設け、自由にくつろげる空間にした。 木目細やかな越後杉でしつらえた和室は本床と脇床を設け、伝統の美意識が凝縮された空間。障子を開けると、深い軒の土縁を通して季節の庭を愛でることができる。
新築

心洗われる清楚な「木の城」

総合コメント

越後杉や欅など無垢素材をふんだんに使い、手間をかけて和の美意識を自由に表現した住い。

お問い合わせ・資料請求