宮嶋木材の家づくり
HOME > 宮嶋木材の家づくり

コンセプト


「宮嶋木材と申します。」
地元 柏崎 で創業させていただいて35周年を迎えて居ります。おかげさまで創業以来、心にのこる住いは150棟を超える実績をのこさせていただいております。
創業より地本産材・越後杉、ケヤキを構造材とした職人の手作業の伝統軸組在来構法は当り前と考えて居ります。
先の二回の地震でも私共の手がけた骨太住宅がその被害が少なかったことに勇気づけられました。
これからも地元の皆様と永くお付き合いできます様、電話一本ですぐに伺える体制で臨んでおります。

地元 柏崎 密着企業として、地元皆様の幸せと健康のため、地域の気候にあった、四季の変化に対応できるソーラーサーキット工法を直接施工しており、伝統的な在来構法に外断熱、二重通気の 『ソーラーサーキットの家』 に、特約工務店として蓄熱式床下暖房 融合 することで、自然エネルギーをうまく取り入れながら、室内を夏さわやか、冬あたたかく、快適さの見える住いづくりに取り組んでおり、「住みごこち」 「家族の健康」 など、家づくりで一番大切なことの追求をして居ります。
詳しくは 『ソーラーサーキットの家』 をご覧下さい。

「自然素材と創作伝統を守る職人技 温故創新」
全て自社生産で、戸籍の判る 『本物』 の自然素材で家作りをして居り、吟味した地産木の使用、土壁、和紙、すす竹、木綿、石、手づくりの照明器具、ウルシ、柿渋など、細部まで天然素材の使用にこだわって居ります。

地元里山で雪の重圧で育った木は丈夫です。原木である越後杉・越後ケヤキを製材し、どの木をどこに使うのか考える事で家の強度や出来映えも変わってきます。先の二回の地震でも私共の手がけた骨太住宅にその被害が少なかったことに勇気づけられ、今まで以上に自信を持ちました。
木を育てた人へ感謝し、木の精をいただき、木の癖を見極めながら「本物」で住み心地の良い家をつくることに使命感を持って取り組んで居ります。
大工以外の左官・塗装・内装・屋根屋さんに至るまで「宮嶋流」を飲み込んだ、何十年来の付き合いの顔の判る職人、全てにおいて次世代に確実に受け継がれ、時代のニーズの合った家づくりを提供したいと考えて居ります。それが「宮嶋流 温故創新」です。

しっかりした職人創作集団
メーカーの工業化された家づくりを拒み、伝統技術・手仕事を求めて若い職人が集まり、育っています。自社で開催するセミナーにはかかさず出席して、 『長期優良住宅』 対応 、『本物』 をいつくしむ職人性根と技術を学び伝統技術の継承をして居ります。
時代が変わっても優れた技術は変わりません。

おかけさまで越後杉デザインコンペでは、完成部門で優秀賞・一般県民が投票する地域審査でも地域特別賞を受賞し、ダブル賞受賞となりました。
又、地元の優秀住宅展でもデザイン賞を2回受賞の評価を得られました。

これからも住むほどに風格を増し、心なごみ、日本で暮らすことが出来て良かったと思える、美しい品格ある住いを、お施主様と一緒になってつくって参ります。

工法

ソーラーサーキット工法


当社はお客さまのご要望に合わせ、ソーラーサーキット工法とオリジナルの自然通気工法の2つの工法をご提案いたします。開口部の多い和風住宅でも断熱性・気密性の高い工法を施工できる技術を修得しております。

●ソーラーサーキットの家
  日本の気候風土に適した、外断熱・二重通気工法。
  これまでの高断熱・高気密にはない
  四季の自然エネルギーを活用した涼温住宅。
詳しくはこちら>>

  株式会社ソーラーサーキットの家

 

耐震パネル工法


高い耐久性能、耐震性能、断熱性能が「プレウォールパネル」の基本です。

●ご家族が理想とする暮らしのカタチをどのようにお考えですか?
 プレウォールパネルなら組み合わせ自由自在。
 プレウォールパネルは施工の精度と自由性を高め、
 パネルの組み合わせにより性能アップも実現できます。
詳しくはこちら>>
プレウォールパネル

 

自然通気工法


当社が独自に考案したオリジナル自然通気工法は、土台の通気水切から入れた外気を外壁と柱の間の通気層を流通させ、屋根の棟で換気させるシンプルな構造です。四季の自然環境と共生する快適な住まいを実現するパッシブシステムです。

自然通気工法の特色

1: 機械を使わず、四季の自然エネルギーを活かしながら通年室温を安定させる
2: シンプルな構造なのでローコストで施工でき、ランニングコストもゼロ
3: 壁内を空気が流通するので木が呼吸し、長寿命住宅を実現する
4: 季節ごとの自然の空気に包まれた健康的なエコハウスである


 

お問い合わせ・資料請求